最後はクラブやサポーターにどのような印象を持っているのか、さらにどのようになっていくべきなのか、という点についてお聞きしました。
クラブへの希望
サポサポクラブに望むことはありますか。
長澤社長ヴァンフォーレが育成型クラブになる為に、もう少し具体的な手を打って欲しいと思いますね。
アカデミーがあるというだけでは他のクラブと同じで、違う部分がまだ見えない。

例えば、トップチームがユース出身をどう扱うか、あるいはユース出身が甲府以外でもJリーガーになれるか、という部分だけでも印象は変わってくると思います。
すぐには難しいと思いますが。
サポーターの意識
長澤社長二回降格を経験したことで、サポーターの感覚も変わってきたと思います。
サポーターの方には長い目でクラブを見て欲しいですね。
あ、私もサポーターですけど。
サポサポええ、皆さん、長澤社長はスポンサーではなくサポーターだと言っています。間違いなく。
長澤社長ありがとうございます。そう言っていただけると嬉しいですね。
サポサポサポーターにはクラブからどんなことを感じて欲しいですか。
長澤社長試合を見た時にワクワクする一体感がスタジアムの醍醐味だと思っています。これは会場に来ないと分からないですよね。

チャンスでグッと力が入って、ゴールが決まった時にわっと歓声が上がる。
これがあれば、サポーターは満足して帰れるのではないでしょうか。

もちろん、その雰囲気はサポーターと選手の相乗効果で生み出していくものだと考えています。
サポサポ一緒に場を作りながら楽しむわけですね。
長澤社長そういう試合を見たいから、サポーターもそういうものを作っていこうとする、そんな関係が良いのではないかと思っています。

昨年、降格が決まってしまった後に迎えた最終戦で、ブーイングなどを予想してましたが、思っていた以上に暖かい雰囲気だった。
試合が終わってもサポーターも帰らず、選手たちには拍手が送られていました。
あれはいいなと思いましたね。

それが甘いという人もいるかもしれない。
でも、それが甲府なんじゃないかと思っています。
サポサポ応援されているからこそ逆に頑張らなければいけないという気持ちにさせられることもありますからね。
長澤社長そう思いますよ。
だからこそ、これからも応援をしていきたいと思っています。
サポサポこの先も長くスポンサーを続けて欲しいと多くのサポーターが望んでいます。
ぜひともよろしくお願いします。
今日は本当にありがとうございました。
長澤社長はい、ありがとうございました。
はくばくといえば十六穀ごはん。ご飯に混ぜてたくだけという簡単さが良いですね。意外に冷めても美味しいのでおにぎりにもOKです。
人によって異なるクラブの理想像を押し付けるのではなく、多くの人の意見を取り入れながらより具体的にしていくことが大切だとお話してくださいました。
クラブの将来を作っていく上でとても大切なことですね。
長澤社長のご意見を皆さんはどのように感じたでしょうか。ぜひお聞かせください。
1 2 3 4
5
戻る
□ご注意ください
当サイトでは著作権法で定められた引用以外の転載を禁止させて頂いております。
また、当サイトの運営はヴァンフォーレ甲府と一切関係がありません。クラブへの当サイトに関するお問い合せはご遠慮ください。