皆さんは一部で大人気を誇るラジオ番組『ヴァンフォーレ入れ込み実況中継』をご存知でしょうか。
その実況内容や担当アナウンサーの暴走ぶりでコミュニティFMにも関わらず全国に広くファンがいるラジオ番組です。
今回は、その名物アナ小松っちゃんの隣で一緒に声を張り上げている解説の萩原さんにお話を伺いました。
サポサポ本日はよろしくお願いいたします。
萩原さんよろしくお願いします!
サポサポお忙しい中をありがとうございます。本来なら小松さんもぜひお呼びしたかったんですが・・・
萩原さん小松さんってああ見えて、実はとても恥ずかしがり屋なんですよ。今回は残念ながら承諾して貰えませんでした。
また機会があるときにお願いします。
サポサポ分かりました。本日は2人分よろしくお願いします。
はじまり
サポサポこの番組はどのように企画されたんでしょうか。
萩原さん話は5年前の話にさかのぼります。
高校時代から今番組を担当されている平賀ディレクターと私は交友があったんですよ。
サポサポそれは個人的に?
萩原さんええ。
皆さんご存知ないとは思いますが、その昔、YBSラジオで『谷村新司の青春キャンパス』という番組をやっていたんです。
私はその番組のキャンパススタッフ(企画を手伝う高校生スタッフ)をやらせていただきまして・・・その時に知り合いました。
今では家族ぐるみの付き合いをしていまして、年に一回は家族でバーベキューをやったりしていますよ。
サポサポなるほど。
萩原さんで、あるとき、そのバーベキューの最中に「『ヴァンフォーレ甲府の実況放送をやりたい』
いや自分がやりたいというより『やって欲しい!』」という事を言ったんですよ。
そうしたら「それは面白いね」って言ってくれて。
サポサポそんなバーベキュー中の普通の会話がきっかけなんですか。
萩原さん5年前の当時、まだ何も盛り上がっていなかった時代です。
盛り上がり以前に存続がどうこうっていう頃でした。
なかなか小瀬にも人が集まらないし、アウェイなら人数が数えられるぞ、っていうレベルだったんですよね。
だからこそ、アウェイの試合を報道する義務があるんじゃないか、ということを言ったんですね。

で、やるぞ、ってなったのがそれから2年後。
サポサポ長いですね(笑)
萩原さんええ、やっぱりね、色々スポンサー様とか諸事情とかありましてね(笑)
実際、やるぞって言われたのも唐突でね。急に電話がかかってきまして「やるぞ」って。
「誰が実況をやるんですか」と聞いたら小松アナウンサーだと。
「あ、いいじゃないですか、楽しみに聞かせてもらいます!」って言ったら「いや、聞くんじゃなくてお前もしゃべれよ」って言われて。
「はっ!?」って。

・・・そこから始まったんですよねぇ。
サポサポ本当に唐突だったんですね。
萩原さん「そういうのっていいですよねぇ」とは確かに言われましたが、
まさか自分が解説をやることになるとは、夢にも思ってなかったですよ。素人ですし。
放送席の様子
コンセプト
萩原さんそのバーベキューの時にどうせならサポータに近い放送にしたいということを言ったんですよ。
なんせ、FM甲府って小瀬でも場所によっては電波が入らないくらい狭いエリアでの放送じゃないですか。
サポサポコミュニティFMですもんね。
萩原さんYBS(山梨全域の放送)でなければ、ましてや全国放送でもない。甲府市の一部だけで行われる放送じゃないですか。
それだったら一方的にヴァンフォーレに肩入れした入れ込み実況中継をした方が面白いんじゃないかって話しになったんです。
極端な話、相手選手の名前なんか呼ばず番号だけでいいやというくらいで!
・・・という事が最初の段階から言われてました。
サポサポなるほど、放送エリアが狭いからこそのコンセプトですね。
萩原さんいっそ甲府が負けてる試合でも聞いている人が「勝ってるんじゃねぇのかな?」と思うくらいに入れ込んだ放送をしてみようと。
サポサポなんかすごいコンセプトですね。
萩原さんそうです。もちろん正確に伝えないことを目指しているわけではないですよ。
でも、今までそうやって一方に肩入れする放送ってそんなになかったじゃないですか。
サポサポ確かに国内にはなさそうですね。海外ならあるみたいですけどね。
国内の放送は、だいたい公平にしようとしますよね。
萩原さん当時、仙台や鹿島もコミュニティFMでやっていたんですけれど、聞かせてもらったらやっぱり公平なんですよ。
まあ「ちょっと仙台よりだな、とか鹿島よりだな」くらいの偏りはありましたけど。
そういうのをふまえて、地元の人にもっと満足してもらえるにはどうしたら良いのかなって思ったんですよ。
サポサポ地域密着ですか。
萩原さんそして、考えた末にたどり着いた考えが、もっと入れ込んで地元チームの応援をする実況にしてはどうか、というものでした。
サポサポ甲府でしか聞こえないんだから完全に甲府の応援としてやってしまえということですか。
萩原さんそうそう、そういうことです。
アウェイの選手の情報なんてなくてもいいというくらいの極端なスタイルでやってみようって。
サポサポそのスタイルの実況が両チームにあれば平等になりますしね(笑)
萩原さんそうなんですよ。最終的にそこまで出来れば最高なんですけどね。
決して行き当たりばったりな訳ではなく、コミュニティFMという特徴を考えた上での内容だったわけです。
では小松っちゃんのあれはコンセプトのための演技なのでしょうか?
次はそのあたりについて聞いていきます。
1
2 3 4 5 6 7 8
□ご注意ください
当サイトでは著作権法で定められた引用以外の転載を禁止させて頂いております。
また、当サイトの運営はヴァンフォーレ甲府と一切関係がありません。クラブへの当サイトに関するお問い合せはご遠慮ください。