皆さんは救護とかかれたビブスをつけたスタッフを会場で見かけたことがあるでしょうか?
今回はAEDボランティアの方に救護からAEDまで、広くお話を伺ってきました。
きっかけ
サポサポまずは、この活動をはじめた理由を教えていただけますか?
Aさん始めた理由はいくつかあるんです。
ひとつは、私達がヴァンフォーレをサポートしたいと思っていたこと。
パン屋さんがパンを提供して、洗濯屋さんがユニフォームを洗濯してくれる。

それに照らし合わせて、我々にできることは何かなって考えると、やはり医療面でのサポートだな、という所にたどり着きました。
つまり、ヴァンフォーレのサポーターとして支援活動が出来るからということですね。
サポサポそれぞれが出来る事をするというのがサポートの基本ですね。
Aさんあとは医療従事者として、AEDによる救助をもっと一般の方に広く知って貰いたかったからという事があります。
そういったプロパガンダの場として、いつも人が集まる小瀬を使わせて貰えたらな、という思いがありました。
互いの利が一致した、そう考えることも出来ますね。
サポサポなるほど。AEDのアピール活動ですか。
Aさんもちろんこれらの理由の根底には、人の命を救いたいという想いがあります。
山梨で定期的にあれだけの人が集まるイベントってそうそうないじゃないですか。
人が多ければ万が一のことが起こる可能性が高くなりますから、そういう時に対応できるようにしたかったんです。
サポサポ時期としてはいつから始めたんでしょうか。
AさんJ1の1年目からですね。
やはりJ1になると同時に観客の人数がとても増えました。
その先も増えていくだろうという予想の元、こういったものの配備も必要なんじゃないかという話が出まして。
実際に観客は増えていきましたしね。
サポサポAED、最近は人が集まるところによく配備されるようになりましたね。
Aさんこの年、ちょうど愛知万博があったんですね。
あの会場にはかなりの数のAEDが配備されました。そして実際に人命救助に使われたんです。
それで大分、知名度は上がりましたね。
人が集まるイベントや場所ではAEDが必要だと。
サポサポ山梨であればそれがヴァンフォーレの試合、という事なんですね。
Aさんあと、ジェフ(J1:JEFユナイテッド市原千葉)のホームスタジアムがフクダ電子アリーナになった際にAEDが11台配置され、世界一安全なスタジアムと宣伝しているのを目にしました。
※ フクダ電子は医療機器を取り扱うメーカーでAEDも販売しています
サポサポええ、やっていましたね。
Aさんあれもまた、そういう認識が上がった結果だと思います。
ただ、機器があれば十分というものではないということも感じました。
本来、AEDによる救命措置は一般人でも行うことが出来るものですが、まだその方法が十分に啓蒙されていない我が国においては、使える人間も同時に配備されていた方が良いのではないかと考えたわけです。

今でも、フクアリよりも安全なスタジアムにしたい、そう思ってやっています。
これがAEDです。皆さんは使い方を知っていますか?
サポサポAEDは確かにいろいろなところに配備されるようになってきましたが、使い方を知っている人って少ないと思うんですよね。
何の為に使う機器かは知っているし、どこにあるかも知っているけれど、具体的な操作を知らない。
そう考えれば、ちゃんと使える人が一緒にいるというのは心強いですね。
Aさん実はいくらAEDとはいっても、胸につけてスイッチを押せば心臓が動き出すなんて単純なものではなく、その前に適切ないくつかの措置を行わなければならないんですよ。
サポサポなるほど、その部分が一番知られていないかもしれないですね。
この試みはAさんからクラブに申し出たんですか?
Aさんそうです、経験上これが必要だと感じていたので。
サポサポどういった経験でしょうか?
AさんJリーグの試合はルールとしてスタジアムに医師が居なければならないことになっています。
救護室で待機して選手やスタッフ、観客の具合が悪くなった場合には診ることになっています。

以前、小瀬のスタジアム内で観客の方が倒れて、そのままお亡くなりになったことがありました。
その時の対応を振り返ってみても、やはりあの広さの会場では救護室に医師がいるだけでは不十分だと感じました。

一般的に心停止をした場合、勝負になるのはそこからの3分なんです。
しかし、例えばバックスタンドの観客の方が倒れられた場合に、メインスタンドの下にある救護室から3分ではたどり着けないんです。

私もそれまで何度かその仕事を引き受けていましたので、そういう矛盾はずっと感じていました。
サポサポなるほど。そういう人たちを救うためにいるはずなのに、そのやり方では意味がないということですね。
Aさんもちろん、自分も含め医師の人たちはそういう事がないように出来る限りの努力はしていましたが、私自身もやはり限界は感じておりました。
そういった部分をこのAEDボランティアによってある程度は埋められるのではないかと考えたんです。
サポサポなるほど、そうでしたか。
知られていない
サポサポまだ、お客さんの中にAEDボランティアの事を知らない人たちも居ますよね。
また、知っていてもどこにいるのか分からなくても呼べないという人も。
Aさんそうですね。
我々は各運営スタッフ達と連絡がつくようになってますので、調子が悪くなった人がいたら近くのスタッフに伝えていただければ私達が駆けつけることが可能です。
サポサポそうなんですか。それならあまり困らずには済みそうです。
Aさんやっぱり、私達だけで具合の悪くなった人たちを発見するのは無理ですからね。
特にゴール裏なんて、皆さん立っているわけですし。
サポサポそれはそうですね。
Aさん例えば、国立で行われた浦和戦の時なんて、余りにも人が多い上に場所が広すぎて、実際に具合が悪くなった人のところまでなかなかたどり着けないって事がありました。
サポサポ小瀬とは規模が違いますもんね。その人は大丈夫だったんですか?
Aさん幸い、AEDを使うような事態ではなく無事でした。
サポサポそれは良かったです。
Aさんちなみに今は、試合前とハーフタイムにアナウンスでAEDのことを呼びかけてもらっています。
サポサポ知ってもらわないといけませんからね。
Bさん私達も何とか目に付くような格好をするようにしてるんですが、サポーターの皆さんの方が派手な格好だったりすることも多いので(笑)
サポサポなるほど(笑)
でも、運営スタッフの人たちが分かっていれば、とりあえず情報は行きますから安心ですね。
AEDボランティアの方はこういう格好をしています
AEDは使える人がいなければ意味がない、良く考えてみれば当たり前のことなんですが、見落とされているポイントかもしれません。
AEDボランティアの方はヴァンフォーレのサポートと同時に、そういう啓蒙活動もしていこうと考えているんですね。
1
2 3 4 5
□ご注意ください
当サイトでは著作権法で定められた引用以外の転載を禁止させて頂いております。
また、当サイトの運営はヴァンフォーレ甲府と一切関係がありません。クラブへの当サイトに関するお問い合せはご遠慮ください。