今回は電車を使ったオフィシャル観戦ツアーを実施したり、駅の改札前に看板を設置したりといった、ヴァンフォーレの支援を行っているJR甲府駅の取材をしてきました。
お話を伺ったのはびゅうプラザの職員さんです。
きっかけ
サポサポそれではよろしくお願いします。
びゅうプラザ職員さんよろしくお願いします。
サポサポではまず、電車ツアーを実施するようになった経緯を教えていただけますか。
びゅうプラザ職員さんJR甲府駅がJ1になったヴァンフォーレ甲府を盛り上げる企画を検討している中で、電車ツアーは発案されました。
サポサポ甲府駅としての企画なんですね。初めての電車ツアーがジェフ千葉戦だったので、ジェフのスポンサーでもあるJR東日本としての企画だと思っていました。
びゅうプラザ職員さんいえいえ、完全に甲府の企画でしたよ。
ジェフユナイテッド市原千葉
サポサポ具体的にはどなたが発案されたのでしょうか。
びゅうプラザ職員さん企画を担当するJR職員ですね。
サポサポその方は元々ヴァンフォーレ甲府を熱心に応援されている方だったんでしょうか?
びゅうプラザ職員さんいや、特別そういうわけでもなかったみたいです。
ただ、企画として出た後は、同じ職場にいた熱心なサポーター方が一緒になって話を進めたと聞いています。
サポサポそれでは完全に甲府駅の独立した企画で、しかも普通に企画の一つとして提案されたものだったということですね。
びゅうプラザ職員さんええ、そうですね。
もう少し詳しくお話をすると、駅の近くに地区センターという営業等を担当する職員が集まる場所があるのですが、そこにいる甲府地区全体を担当する職員が、ヴァンフォーレ甲府と絡んだ企画をしてみたらどうかという提案をしたんだそうです。
それがきっかけだったと聞いています。
サポサポなるほど。
そして、サポーターをしている別の職員の方が、その話に乗ったわけですね。
びゅうプラザ職員さんその方も同じ地区センターの職員なのですが、いつもゴール裏で応援するほど熱心な人ですよ。
サポサポびゅうプラザの商品になったのには何か理由があるんでしょうか。
びゅうプラザ職員さん地区センターでは旅行を扱うことが出来ないんですよ。
だいたい地区センターで企画したものは、びゅうプラザで商品管理されますね。
電車ツアーもその中の一つということです。
初めての電車ツアー
びゅうプラザ職員さん初めて電車ツアーを行ったときはちゃんと売れるのか不安もありました。
値段の基準もわからず完全に手探りでしたので、オフィシャルバスツアーの価格を地区センターのサポーター職員に聞いて、それを元に決めたくらいです。
サポサポ初めてのツアーはジェフ千葉でしたがその時はどうでしたか。
びゅうプラザ職員さんあの時は確か申し込みが200人くらいでしたね。
サポサポそれは採算が取れる人数だったんでしょうか。
びゅうプラザ職員さんええ、そうですね。
そして、国立で行われた浦和戦の時には400人くらいの応募がありましたよ。
サポサポすごいですね、一気に倍ですか。
2007年15節 千葉戦の電車ツアー
サポーターではない方からの発案というのが、逆に地域で認識して貰えたという感じで嬉しいですね。
1
2 3
□ご注意ください
当サイトでは著作権法で定められた引用以外の転載を禁止させて頂いております。
また、当サイトの運営はヴァンフォーレ甲府と一切関係がありません。クラブへの当サイトに関するお問い合せはご遠慮ください。