イベントを通じて選手と触れ合うことで、どういった面が良い経験になるのかを詳しく聞いてみました。
経験
木村先生本当に子供達は選手のことが大好きですね。
サポサポやっぱり、プレーしている姿だけでなくこうやって直接接しているという事もあるんでしょうね。
性格的には割りと気のいい兄ちゃんみたいな人が多いですし。
木村先生そうなんです。選手の皆さんが本当に優しいんですよ。
何でこんなにやさしいんだろうって驚くくらいです。

この交流会も8年になりますから長く参加している選手の方はだいぶ慣れてきましたね。
今では、イベント中もどんどん自主的に動いてくれるようになりましたし、「こうしてみたら」なんていう助言まで頂くようになりました。

終わったあとの職員会議でも「年々交流が深まっているね」っていう意見が出ていましたよ。
職員も皆そういうところは実感しているようです。
サポサポイベントが始まった当初からいた選手というと・・・藤田選手とかですか。
木村先生あとは石原選手ですね。
今年は美尾選手も久々にやってきましたね。話をしたら「懐かしいです」なんて言ってました(笑)
サポサポ久しぶりの復帰でも、ちゃんと覚えていたんですね。
木村先生ええ。そうみたいです。
だんだん慣れてきた選手達
サポサポ生徒さん達にとって具体的にどういう部分が貴重な経験になっていると思いますか。
木村先生選手の皆さんはプロですから、やっぱりボールを扱っている時の動きとか素晴らしいじゃないですか。
うちの生徒達はどうしても経験が少ないので、なかなかこういう人たちに接する機会ってないんですよね。
プロの人たちが目の前でそういう技術を披露してくれるというのは、そういう子供達の世界が広がることに繋がります。
とてもありがたいですよね。
サポサポ未知の経験によって、選手と生徒がお互いに世界を広げているという事なんですね。
木村先生ええ、本当に良い交流になってきていると思います。
プロの技術に触れるということ、選手のやさしさに触れるということが大切な経験です
交流によって今まで知らなかった世界を知ることが、子どもたちにとって良い刺激になるんですね。
次はここの選手の印象を聞いて見たいと思います。
1
2
3 4
□ご注意ください
当サイトでは著作権法で定められた引用以外の転載を禁止させて頂いております。
また、当サイトの運営はヴァンフォーレ甲府と一切関係がありません。クラブへの当サイトに関するお問い合せはご遠慮ください。