救命活動と同時に啓蒙活動にもなる、ということでAEDボランティアは自主的に行われています。
しかし、その思いとは裏腹に、あまり知名度が上がっていないことも事実です。
どうやったらアピールできるのか、人が増えるのか、実情を聞きながら考えていきます。
アピール活動
サポサポヴァンくんにAEDをアピールさせるっていうのはどうでしょうね。
今って愛想振りまいて歩いているだけですし。
Aさんあ~、なるほどね。
Cさんポシェットの代わりにAEDを持たせてね。
Aさん本物を持たすこともないしね。座布団かなんかで作った偽者で(笑)
ハーフタイムに歩いて貰えば良いしね。
サポサポ今も、ヴァンくんやVFQってリユース食器のアピールをしているくらいですから、そういうことをやらせるのもありだと思いますよ。
ヴァンくんなら何か持っているだけで注目されますからね。
Bさん確かに人気者ですもんねぇ。何かすごいことをしているわけではないんですけどね。
今は歩いて手を振って鉄砲でボール打って・・・
サポサポあとはアウェイサポにいじられるくらいですね(笑)
Bさんそう考えれば、色々やらせることも出来るかもしれませんね。
サポサポスタンドに行くと子供に囲まれて身動き取れなくなっちゃうこともあるみたいですけどね・・・。
こんな時のための彼な気がします
サポサポアピールは大切ですよね。
Aさんええ、こんなことがあって欲しくはないんですが、逆に誰かが倒れられて我々が蘇生したなんてことがあれば、もう少し存在を知ってもらえるのかな、とも思います。
もちろん、望む事ではないですが。
サポサポそうですねぇ。
Aさん去年、スカパーが紹介してくれるって話があったんですけどね。
蘇生している映像が欲しいって言われて出すことが出来ずに流れてしまったんですよ。
その映像がないと、ただ立っているだけになってしまってニュースソースとして厳しいと。
サポサポなるほど。
出番がない方が良いに決まってますが、無いと存在を知られないというジレンマ。
Bさんでも、本当に意外なのが他のチームがやっていないって事なんですよね。
サポサポそうですね、あれだけ人が集まって興奮状態になるわけですし、需要はありそうなんですけどね。
Aさんでも、ボランティアでなければとてもお金がかかってしまうからね。普通に用意しようとすると難しいと思います。
サポサポ確かに。ボランティアだからこそ出来る事もあるわけですね。
それにしても、実際の活動以外でなんとかアピールをしなければならないようですね。
Jリーグがもっと取り上げてくれればいいんですけどね。百年構想には福祉関連の活動もあるはずなんで。
Aさん安全なサッカースタジアムを、っていつも試合前に言っているじゃないですか。
その理念には合致している活動だと思います。
しかし、ヴァンフォーレのサポート活動にはなっていますが、AEDの啓蒙活動になっているのかはちょっと微妙かもしれないですね。
Bさんもっと他のスタジアムがやってくれて、この活動自体の知名度が上がれば、小瀬に来た時にも「ああ、君達がここの係か」って分かって貰えるんで活動がやりやすいですよね。
サポサポなるほど。そこで、ついでにAEDの使い方を教えます、とか。
Bさんあ~、試合前にそういうことをするっていうのも良いかも知れないですね。
Cさんスタジアムの外のフェイスペイントをしたり、子供がボールを蹴っているような所とか。
サポサポあそこなら出来ますね。
Bさんヴァンくんを患者役にしてデモンストレーションを(笑)
サポサポそこまですれば目立ちますよね(笑)
AさんAEDアピール用のDVDなんかもあるんですけど、オーロラビジョンがないですからね。
サポサポ現状では入場前のテントで何かやるのがいいのかもしれないですね。
Cさん入場前じゃないとね。グラウンドじゃ何やってるかわからないし(笑)
Bさん救命措置の講習会くらいはできるかもしれないですね。
サポサポ入場前の観客に対してそういう活動が出来るといいですよね。
Aさんよく協力してくれる日赤(日本赤十字)のスタッフさんならそういう事もやってくれるかも。
最初、この活動は我々だけでやっていたんですが、日赤さんにお話をしたらすぐに乗ってくれてAEDも貸してくれて。
とても協力的です。
サポサポクラブにしてもAEDボランティアをやってもらってるわけですし、そういうアピール活動には協力してくれると思います。
実現するといいですね。
人の確保
Cさんただ、それを行うとなると、専用のスタッフが必要かもしれませんね。そうしないと拘束時間が長くなってしまうので・・・。
Bさん仕事柄、夜勤もあるので・・・夜勤明けにいくとなると、早くから活動するのは難しくなってしまいます。
Aさんサポサポのインタビューで運営ボランティアの方の話を読みました。
他の運営ボランティアの方に比べれば、我々は同じボランティアといっても集合時間は遅いですし、試合中もスタンドにいられます。
だから、そんな文句を言うようなことはないんですが、やっぱりサッカーに元々興味がない人だとしたら、試合開始2時間前に集合という形でも結構な拘束だと感じると思います。
逆にサッカーに興味があったとしても、やっぱりピッチよりスタンドのお客さんに注意を払っていなければいけないし、何かあったらと思うとサッカーを楽しむといういう感じではなくなってしまうので、お金を払ってお客さんとしてくる方が良いって考えている人もいるかもしれません。
サポサポそういう人たちの拘束時間を増やしたら、逆に人が居なくなってしまいますね。
Aさんでも、サポサポのインタビューで『運営ボランティアの人は小瀬にいながら全く試合を見ることが出来ず、アウェイの試合を見に行くのが楽しみなんだ』というのを読んでしまうとそうも言ってられないのかな、とも思います。
しかし、人を集めるという点で考えると4時間前から来てくださいっていうのは、負担が大きすぎるかもしれません。
Cさん特に日赤の方は遠くから来ている人も多いんですよね。
この前、私と一緒になった人は諏訪から来てくれてました。
Aさん諏訪や上野原の方が来てますからね。
サポサポそれは無理を言えないですね。
Cさん何時間前も前に出てきてるんですよね・・・私なんか近所なんで20分前だったりしますけど。
Bさんでも、代わりに昨晩ずっと働いてました、なんてことはありますけどね(笑)
サポサポやっぱり、新しい事をするには準備が必要ですね。
Aさんそう考えると運営ボランティアの人があれだけ集まるっていうのは、本当に凄いと思いますよ。
募集
Cさん時期によっては集まりが悪くなったりするじゃないですか。農繁期とか。
サポサポそうですね、お盆とかも。
Cさんそういうときに人数を確保しなければならないんで、もっと人がいるといいなって思います。
Aさんもし、私達の活動に興味をもたれた方がいたら、是非連絡を頂きたいと思いますね。
サポサポこれに関してはクラブに連絡で良いんでしょうね。
具体的にはどのような方が良いのでしょうか。
Aさん心肺蘇生措置の心得があってAEDを扱える方、それがベストですね。
普段は、大体、医師・看護師・救急隊員・日赤の指導員でやってます。
人が足りないときには、医大や看護大の学生で補ったこともあります。
医療関係の資格がなくても、実際に使える方であれば問題はないです。

来ていただいた際に、事前にどの程度使えるのかをチェックさせていただきますし、機種の説明もいたします。
Bさん医療事務の方なんかでも興味のある方は使えたりしますよね。
Aさん今は、自動車免許の教習や高校の体育の授業でもAEDの使い方を少しやるんですよね。
サポサポ興味を持った方はとりあえずアプローチをしてきて欲しいって事ですね。
Aさんそうですね、人が増えればまた規模の大きい体制も出来ますしね。
Bさんその活動で少しでもAEDを使える人が増えてくれれば、私達としてもありがたい事ですしね。
サポサポそうですね、スタジアムの安全も守りつつ、逆にフィードバックとしてそういう効果が出れば素晴らしいことですしね。
Aさん私達のコンセプトは「ヴァンフォーレを心臓が止まるほど応援してください!だけど、死なせません!!」ですからね。
何とか続けていきたいと思っています。
それなりのスキルがある人と機器がなければ出来ないこの取り組みを、ボランティアでやってくれる人がいるわけです。
これは非常に素晴らしいことです。あとは、啓蒙活動に成果が出てくれば・・・
1
2
3 4 5
□ご注意ください
当サイトでは著作権法で定められた引用以外の転載を禁止させて頂いております。
また、当サイトの運営はヴァンフォーレ甲府と一切関係がありません。クラブへの当サイトに関するお問い合せはご遠慮ください。